【自律神経バランスを整える】よい一日をスタートするための方法

達成感健康のこと

自律神経バランスを整えて、スタートダッシュを切りましょう。

お正月あけまして、数日たちました。

お正月気分を切り替えて無事スタートダッシュできてますか?

なんとなく、お正月気分を引きずっている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

私もその一人です。それって、自律神経のバランスがお休み期間に崩れてしまったのかもしれません。

私は、変わらず主婦状態ではありますが、なんとなく12月までと体の状態が異なります。

12月31日までは、あれしなきゃ、これしなきゃとバタバタしていて、動かない夫にイライラしてプチ家出したりしていました。

30日にプチ家出から帰ってきて、リフレッシュはしたものの、急いでおせち料理を作ったり、大掃除をしたりとお正月の準備をバタバタとしていました。

でも、なんだろう休み開けたら、やる気がでない。

あん
あん

1月に入って、ぼんやりする時間が多くなってきたのを感じます。

そもそも自律神経とは?

自律神経を整えるとか、自律神経失調症だとか、世間ではよく言われているのでご存じの方も多いとは思いますが、

自律神経とは、自分自身の意思で制御できない神経のことで、交感神経と副交感神経があります。

たとえば、

  • 熱いお湯に触ってしまって、「あつっ」と手を引く。
  • 心臓が動いていること
  • 朝起きて、トイレに行きたくなること

これら、自分の意志ではない動きが自律神経です。

また、交感神経と副交感神経というのは、戦う神経と休む神経です。

交感神経
副交感神経

交感神経:狩りする時、逃げる時に高まる神経。興奮すると上がってくる状態です。激しい活動をすると上がってくるものですね。

副交感神経:休む時に高まる神経。寝たり、食事をしたりするときに高まっていきます。食事をするのも、敵に狙われている状態だとできないので、副交感神経が高まるそうです。

交感神経、副交感神経のバランスが崩れて、どちらかが高まっている状態を〇〇優位な状態といいます。両方のバランスが取れている状態を目指すことを自律神経を整えるというのです。

日中は交感神経優位、夜は副交感神経が優位になっていて、うまく切り替えられることが大事です。

今の現代社会では交感神経が優位な人が多いですよね。私も、もともと神経が全然リラックスすることができなくて、いつもピリピリしている戦闘態勢だったと思います。

いつまで省エネモードなの?やる気スイッチの入れ方

交感神経優位になって不調を感じる人が多いので、ネットの情報でも自律神経を整える=交感神経の高まりを鎮めるものが多いです。

ただ、副交感神経優位の人も世のなかにはもちろんいます。

いつも、なんとなくパワー不足。やる気がでない。省エネモード。こんなキーワードな人です。

お正月、ゆっくり休んで昼も夜も起きては寝て、食べてなんとなく、食べて・・・

最高ですよね。

でもこの期間の間に、身体がやる気スイッチの入れ方を忘れてしまったのかもしれません。

交感神経のスイッチを入れるには、朝ちゃんと起きて、あったかい白湯を飲んで、太陽の光を浴びるのが大事です

↓Tarzanで紹介されているやる気スイッチの入れ方

午前中の“やる気”は交感神経へのスイッチで決まる! 毎朝の習慣にすべきことベスト10
朝は交感神経にスイッチを入れる時。スイッチングが上手くいかないと、起き抜けにボーっとしたり、午前中のやる気が上がらないのだ。ではそのスイッチを入れるには、どんなことを習慣にすればいい? ランキング形式で、“ちなみソング”とともにお届けしましょう。

なんとなく、朝起きていやいや会社に行くのではなく、自分がおしゃれなモデルになった気持ちで、素敵な朝を迎えましょう。

とはいえ、多くの人は交感神経が過剰になっている

日中もあまりに交感神経が高まりすぎると、夜まで引きずってしまうので、仕事中の私ができるだけ意識して行っていたこともご紹介します。当たり前のことが多いですが、少しでも交感神経を鎮めるように気をつけてました。

  1. 深呼吸→3秒で吸って、7秒で吐く。イライラが募ってきたときには、フロアから廊下に出て、うろうろしながら深呼吸してました。(ついでに腕を回して、肩こり改善も)
  2. 食事の時間は仕事の話をしない→ランチタイムは同僚と食事をすることが多かったのですが、プライベートの話をしても仕事の話はできるだけしないようにしてました。そのほか、食事をしているときは副交感神経が高まるというのを信じて、休憩がてらおやつたべたり、夜コンビニごはんを食べるときも、仕事はしないで5分10分ですが、仕事から意識を切り離すようにしてました。
  3. できるだけ湯舟に浸かる→湯舟に浸かりながらの瞑想も効果的です。
  4. ゆっくりストレッチ→足のむくみや背中の凝りをほぐします。
  5. 24時までに寝る→日付が変わる前には寝ましょう。
あん
あん

睡眠時間を削るのは絶対いや~。

まとめ

自律神経は、交感神経、副交感神経どちらの力が強すぎてもよくありません。

自分の意志でどうにもできない神経だからこそ、少しでも自分のできる範囲で整えて、よい1日を過ごしたいですね。

おすすめのストレッチポール

上に乗っかってぼーっとするだけで、背中がすっきりします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました