文系出身のSEは辛いの?SE歴15年の文系SEが思うこと。

文系SE働くこと

こんにちは。あんです。

そろそろ新社会人が入社してくる季節ですね。

自分の部署に新人さんが配属されるかはわかりませんが、新しい風を吹き込んでくれるのでいつも楽しみにしています。

でも、新社会人1年生は不安がありますよね。

最近、「文系SEはつらい」という記事を読み、そんなことないよー。文理関係ないよ。と思ったので、記事にしてみました。

「文系だけどSEに興味ある」「文系SEに就職決まったけど不安」な人は是非参考にしてください。

なんだかんだで文系SEとして私も15年仕事しているし、私の職場は文系の人多いので、何とかなります。

なぜ文系SEはつらいの?

なぜ文系SEはつらいのでしょうか。

つらいと言っている人の意見を見てみるとだいたい以下の3点です。

  1. IT知識がないからイチから覚える必要がある
  2. 残業が多い
  3. その割に年収が低い
あん
あん

1はわかるけど・・・

私も入社するまでは、プログラミングの「ぷ」も全くわからなかったですね。

学生時代にプログラムを勉強したことがある人とない人は、やはり、この点は差がつきますね。

残業が多い少ない、年収が高い低いに関しては、既に文系・理系の問題ではなくSEがつらいというだけなので一旦保留で。

残業が多いときは多いし、年収はそこそこもらえていると思いますよ。

文系SEが大変なのは研修期間

文系SEが一番大変なのは、研修期間だと思います。

正直、配属されてしまえば職場の中で学んでいくことが多いので文系も理系も関係ありません。

研修期間は、同じ同期入社の中での比較になるので、プログラム経験のあるなしで差を感じることもあるでしょう。

最初のころは、ビジネスマナー等の一般的な研修内容なので、大学の延長のような気持ちで進みますが、後半の技術研修は文系でプログラムにまったく触れてこなかった場合、何を言っているかさっぱりわからない可能性があります。

私も入社当時の研修期間最後の開発演習?的なやつは、グループのできる子が全部やってました。

あん
あん

やっていけるか不安になりますよね。でも大丈夫!

ここでくじけなければ、大丈夫です。

補足:あんの経歴

ちなみに、私は文学部日本文学科出身でまったくプログラムには触れてきていません。

大学3年生の秋に就職活動の際にSEという職種を選択肢に入れたタイミングで、初級システムアドミニストレーター(現在のITパスポート)の資格をとってアピールしました。

初級システムアドミニストレータの資格自体は、ITに興味があり、最低限の知識がある程度なので、技術的なことはまったくわかっていませんでした。

入社して数年は、設計~プログラミングまでやっていましたが、今は運用保守がメインになっているのでがっつりプログラムすることはありません。

それでもプログラムのソースは読めますし、バグを見つけることもできます。

文系でもSEになりたいなら

私は新人さんが文系でも理系でも、全く関係ないです。

それは、SEはプログラマとは求められる素養が異なるからです。

プログラマに文系大学出身未経験でなるのは、ハードルが高いと思います。

プログラマを目指すなら、テックアカデミーなどのスクールに行った方がよいでしょう。

SEはプログラミングができた方がいいですが、得意である必要はありません

お客さんと話しができて交渉をすることや、関係者を巻き込んでプロジェクトを遂行することがメインのお仕事になります。

さらに、サーバをセットアップして作ったソフトウェアをインストールして・・・といったこともあるでしょう。

そういった仕事になれば、もともと文系・理系は関係ありません。

文系でもSEになりたいと思うのであれば、ポイントは文系SEが多い会社に行くことです。

就活の時の会社選びがすごく大事になっていきます。

私の部署も新人さんが文系理系でも関係なく、なーーんにも知らない前提で受け入れします。

知ってたらよく知ってるね~。くらいです。

逆に理系の同期はまったくプログラミング等とは関係ない部署に配属になったりしていました。

会社の規模によっては、同じSEという職種でもやることが全く異なります。

配属されてしまえば、みんな新人横一列なので、研修時に感じた不安もだんだん払拭されていきます。

そして、数年後にはみんな一人前に仕事をしていますよ。

あん
あん

先輩たちは暖かく見守ってます

文系でよかったこと

私自身が文系SEでよかった~ということは、実は特にないです。

文系・理系の問題ではなく個人の得意不得意の問題かと思ってます。

個人的に学生時代の経験が生きている??と思うことをまとめてみますね。

・文章を書くことが苦手ではないこと

他人とコミュニケーションをとるのが好きであること

この2点です。

会社というのはなんだかんだと文書を書く機会は多いですので、文章を書くことが苦手だとつらいですね。

若手のうちは議事録をとる機会が多いので、文章をまとめる能力も大切です。

また、お客さんや協力会社の人との打ち合わせが多いので、相手の意図をくみ取って、自分の意見を伝えて、すり合わせする能力がとても大切になります。

そういったことが嫌いじゃないのは、文系でよかったことかもしれません。

文系理系に関係なくSEに必要だと思う素養

勉強が好きであること。

この1点に尽きると思います。

IT業界はどんどん進化していくので新しい言語や開発手法、OSなど新しいものについていくだけの知識が必要です。

資格取得も積極的に求められます。

これが嫌な人は、SEという職業はつらいですね。

そのかわり、資格をとれば報酬がでる会社も多いですし、会社が受験費用を負担してくれる場合もあるので、若いうちは資格をいっぱいとってお給料を増やすことも可能です。

あともう1点補足するとすれば、

体力

仕事は忙しい時は、本当に忙しいです。山谷ありますが、体力はあった方がいいです。

私も3か月ほど休んでしまいましたが、原因の1つは体力の低下だなと感じてます。

体力づくりと健康はいつでも大事ですね。

まとめ

結論!文系SEは別につらくないです。

ありきたりですが、自分にあった会社を選ぶことが大事です。

ベンチャー系の即戦力を求めているような会社だとつらいでしょう。

ある程度、大手のお客様と直接話ができるような会社だと、会社が求めている文系SEの人材とフィット率が高いような気がします。

あと、なんといっても職種欄に技術職って書けます!

文系大学出身だと、なかなか技術職って書ける職業少ないですよ。

入社して、1年目はこれがすごい嬉しかったなー(単純)

あん
あん

仕事だから嫌になることもあるけど、なんだかんだこの仕事が好きなんです。

SEに関係なく、専門職じゃなければ文系だろうと理系だろうと学生時代していたことは、入社してしまえば関係ありません。

そもそも、ダメだと思ったら人事が採用していないのだから。

なので、興味をもったらぜひ、SEもチャレンジしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました